画像

会社概要

会社概要

 

会社名昭和精工株式会社
代表者名代表取締役社長 植野 徳仁
電話番号072-436-1848
FAX番号072-439-6389
営業日・営業時間平日(土・日休日) 8:00~17:00
住所〒596-0013
大阪府岸和田市臨海町20-2
設立1961年7月
事業内容軸受部品、自動車部品、内製用加工設備・部品・刃具の製造
資本金8,000万円
従業員数国内511名 海外379名(2021年4月現在)
品質ISO9001(JMAQA-794) 2000年10月取得
環境ISO14001(JMAQA-E776) 2009年3月取得
アクセス

沿革

 

1961年設立 (社長:植野正一 資本金:200万円 所在地:堺市)
1970年冷間鍛造部門に進出し、鍛旋一貫加工開始
TRBの内輪内径・外輪軌道の旋削レス
1976年旋削専用機を開発、冷間成形加工技術開発
1978年刃具、治具の自社生産開始
1983年本社を岸和田市に移転し2交代の生産体制開始(現 昭和フォージ)
1994年内製用加工設備・治具・刃具の設計開発生産工場の稼働開始(現 昭和テック、昭和ツールテクノ)
1996年日本昭和フォージに熱間鍛造工程を設置し、素材から旋削までの一貫生産開始
1998年貝塚工場で生産開始(現 林田特殊鋼材㈱貝塚工場)
2001年貝塚工場を新設(現 昭和ステアテクノ)
日本でリダクションギヤを生産開始
2005年中国常熟市に「常熟翔和精工有限公司」設立。日本昭和フォージに焼鈍炉を設置
2008年中国常熟市に「常熟翔輪精工有限公司」を設立
中国でリダクションギヤを生産開始
2009年テーパーローラーベアリング旋削専門工場を設立(現 ちきり工場)
2013年米国ケンタッキー州「Advanced Green Components」の株式を取得し経営を開始
2014年和歌山県橋本市にてボールベアリング旋削専門工場を設立(現 橋本工場)
2015年中国常熟市に刃具内製の「常熟翔刃精工有限公司」を設立
2018年日本昭和フォージに温冷間縦型鍛造機[1000t]新設
2019年軸受鋼の切断加工会社である太陽精工をM&Aにより取得